皺だらけの相方

今日が仕事始めです。
毎年、同じように靴磨きからスタートしました。
ながくながく私の足を守ってくれている愛しい相方です。
年老いてお顔もボロボロ。最近、艶もはりも落ちたかな。
でも皺も見事なデザインです。
毎年、同じように呪文を唱えています。
「この靴でヨチヨチ歩きたい、どうか叶えてくださいな」。
長い距離も、長い時間も歩こうとは思っていません。
一歩に一歩を重ねるだけで十分。その時にこの靴を履けていたら十分。
そんな皺だらけの相方と今年をスタートしました。

素敵な一年にするぞ!

出来るところを差し出して、
出来ないところを支えてもうて。
今年もよろしくです!って
頭を下げることが嬉しくなってきました。
よっしゃ、素敵な一年にするぞ!

来年はキュッと閉じていきます

今日、今年のお務めが無事に終わりました。
今年は、例年になく、いろいろなご縁をいただきました。
年明けは森田静香の社会福祉士の合格で始まり、NYのアートフェア、
東京のアートフェアの出展。11年ぶりのインカーブ主催のシンポジウム。
次いで釜飯プロジェクト(インカーブ インターン)のスタート。
小学校や大学で開催された数回の講演。
そしてオリンピック・パラリンピックの文化委員会。
特に後半は身のほどもしらず、動きすぎました。
動きが大きいと、脇も甘くなりますね。
それはクオリティを低め、事故のもとです。
来年はキュッと閉じていきます。
みなさん、よい年末を、よい年明けを!!
ありがとうございました。

多様なチカラが必要です

何気ない景色をみて、みて、みて思うこと。
1000日を切ったオリンピックとパラリンピック。
政府と東京都、組織委員会が「日本の文化」について論じあい、
組立て、実行に移そうとしています。
多様性に冠を与えることが常ですが、実行するのは至難。
でも小さくなっていく日本たがらこそ、多様なチカラが必要です。
そんなことを知っていただく「日本の文化」が表現できればと思います。
何気ない景色も何度もみてると意味ありげ^^

トリッキーな作品と画伯

新木画伯。
今年も国内外のアート・フェアに参加し好成績を残しました。
加えて小学校の講演も大成功。画業はとても順調でした。
以前のように色を多用する作品から、モノトーンに近い作品が増えてきたような。
タブローとしても進化しています。
いま、某広告会社から某企画が浮上!某「CM」に
新木画伯のボクサーが登場するかも?実現すれば、
いいけど、そこは縁しだい。来春の楽しみにしています。
添付写真は「乃村工藝社(大阪)」のオフィスに
嫁入りしたものです。このトリッキーなボクサー動き!
そしてファイティングスタイル!真っ白い灰になるまで戦うのだ!
乃村デザイン部もトリッキーにファイトしてくださいね、でも、灰になる前に休息を。
タフさとラフさ、必要ですよ。
http://incurve.jp/artists/artists_shinki.html

前のページ 次のページページのトップ