お友達の行政職員のみなさん、気を悪くされないでくださいね。
少し意地悪なことを書かせてください。

2014年1月11日に、りそな銀行大阪本社講堂で開催されたシンポジウム
「アート市場への挑戦 障がい者の芸術表現の可能性」に参加されたみなさん、
どこか煮え切らない気持ちになりませんでしたか?疑問はもたれませんでしたか?
http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/2014/02/20140111.html
このシンポは「障がいのあるアーティストたちをが描く作品を市場に繋げる」ことを目的としています。

そこで、みなさんはこんな疑問はもたれませんでしたか?
「あんたら5年もやっていて、ただ発表するだけ!?」
特にシンポに足を運んでいただいた多くのお客さまは感じたはずです。
「何が市場化やねん!何も進んでへんやんか!行政の取組みはほんまに遅いな、
民間やったら潰れとるで」って。

このFBでお友達になっていただいている
行政職員もおられますが、気を悪くされないでくださいね。
日頃、思うんです……2年〜3年で担当がコロコロ変わるような行政の人事
システムはそろそろ終わりにせなあきません。
お互い本気で仕事ができません、本気で議論できません。
よって5年もやっていて「ただ発表するだけ!?」になるとちがいますか。

当初、約束した通り、公募展で選ばれたアーティストたちを
市場に繋げる具体的な取組みを大阪府は実行しなくてはならないはずです。

毎年、公募展をすることが悪いとは思いません。
ただ、それだけでは約束が違います。

マジでやるなら、やりましょう。
でないと市場に向かうことを希望されて作品を送ってくださった
障がいのあるアーティストたちに嘘をつくとこになります。

何故、滋賀県でできて、大阪府でできないのか?
行政の長に理解がないのか、行政職員にやる気がないのか?
それとも手弁当で参加している委員のつき上げがゆるいのか?

そもそもアートの市場化は難しいです。
それでもコンテンツ(作品)の素晴らしさを信じるなら、方法はあります。
我々民間が出来ることは、民間がやります。
行政だからできることは行政がしてください。
マジでやるなら、やりましょう。
やらないのなら、
公募展も委員会も解散し実行力のある組織を再編すべきです。

でないとアーティストたちに嘘をつくことになります。

J