日本生命済生会の『地域福祉研究』(公No.9 通算No.49)の特集論文として、
「日本の障がい者のアートと社会参加の取り組み -一般水準を”超える”支援-」
(p24-34)を提出しました。
同志社大学の永田裕教授(社会学部)からは、
「『日本の障がい者のアートと社会参加の取組み』(今中論文)では、
多様な参加を認める現代アートを舞台に、アートと福祉の越境に挑戦する
アトリエインカープの事例を通じて、お仕着せの参加や包摂に警鐘を鳴らす。
本論は、『その人らしく生きるための参加』における『その人らしさ』を
支援者があらかじめ制限してしまうことの問題点を鋭く指摘しており、
対象を問わず参加支援に通底する課題提起として受け止めるべきであろう。」
(p3)との評価をいただきました。
ご指摘の「その人らしさを支援者があらかじめ制限してしまうこと」は、
社会福祉に限らず教育にも通底する問題です。家族の中にも、
仕事を実行するチームの中にも同じ問題を孕んでいるように思います。
「らしく生きる」ことを許してくれる人と生きていく。
それが一番気楽で、とっても幸せ。
私の拙論以外にNPO法人抱樸の奥田知志さんの
「つながる支援 -伴走型支援の意味」も深く肯ける論考でした。
ぜひお読みください。


残念ながら、『地域福祉研究』は書店やネットでは販売されていません。
直接、FAX・メールで事務局に申し込むようです。
また、日本生命済生会のHPが未更新で『地域福祉研究』
(公No.9 通算No.49)の表記がありません。
コロナ禍でバタついておられるのかもしれませんね。
おいおい更新されると思います。
講読をご希望される方は以下の事務局にお問い合わせください。
https://www.nissay-hp.or.jp/nissay/fukushi/
〒550-0006 大阪市西区江之子島2-1-54
(公財)日本生命済生会 福祉事業局『地域福祉研究』事務局(担当:木下、土田)
TEL 06-644-33-446 (代表) FAX 06-6443-3561
E-MAIL c.fukushi@k.nissay-hp.or.jp