ご報告です。
今日『アトリエインカーブ物語 アートと福祉で社会を動かす』が
河出書房新社から全国発売されました!!
11年前に書いた拙著『観点変更』の力みすぎていた言葉を刈り込み、
新たに「はじめに」と「あとがき」、「補論」を追加して文庫本になりました。
お時間がゆっくり流れているときにご笑覧いただければ嬉しいです。
カバーは東京2020オリンピック・パラリンピックの公式アートポスター制作の
アーティストの1人である新木友行さんの作品です。
オリとパラの選手が同時に走り高跳びをクリア。
インカーブが目指してきた社会のありようです。
また、カラー口絵には新木さんを含む4人のアーティストの作品を収録しています。

ご購入はこちらから。
特設Webサイト:http://incurve.jp/monogatari.html
ビブリオ インカーブ: http://b-incurve.jp/online/online_monogatari.html
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4309417582

◯日比野克彦(現代美術家/東京芸術大学美術学部長)推薦!
「先入観があるという先入観を捨てる」

「たくさんの人に出会い、学びの機会をえた。そして、捨てられ、捨ててきた。
残ったのは、デザインと社会福祉と仏教だった」。
知的に障がいのあるアーティストが集う場所「アトリエインカーブ」。
世界的評価の高いアーティストを輩出した工房は何のために、いかにして誕生したのか?
奇跡の出会と運命、必然が交錯した二十年の物語が幕をあける。

【目次】
文庫本のための「はじめに」
単行本版「はじめに」
第一章「一〇〇万人に一人」の、私は何者か
第二章「デザイン」とは何か
第三章「アカデミズム」の呪縛が解ける
第四章 なぜ、アトリエ インカーブは生まれたか
第五章 バイアスを解く
第六章 現代美術の超新星たち
第七章 アトリエ インカーブの展開
第八章「インカーブのようなところ」をつくる
第九章 社会性のある企て
単行本版「あとがき」
文庫本のための「補論」
文庫本のための「あとがき」
文庫本版 解説「静かで穏やかなこの物語を紡いでゆく」神谷梢

【著者】
今中博之(いまなか・ひろし)
1963年京都市生まれ。ソーシャルデザイナー。
社会福祉法人 素王会 理事長。
アトリエ インカーブ クリエイティブディレクター。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
:文化・教育委員会委員、エンブレム委員会委員等。
厚生労働省・文化庁:障害者の芸術文化振興に関する懇談会構成員、
障害者文化芸術活動推進有識者会議構員等。
イマナカデザイン一級建築士事務所代表。
金沢美術工芸大学非常勤講師。
偽性アコンドロプラージア(先天性両下肢障がい)。
1986年~2003年、(株)乃村工藝社デザイン部在籍。
2002年に社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブを設立。
知的に障がいのあるアーティストの作品を国内外に発信する。
ソーシャルデザインにかかわる講演多数。
グッドデザイン賞(Gマーク・ユニバーサルデザイン部門)、
ディスプレイデザインアソシエイション(DDA)奨励賞、
ウィンドーデザイン通産大臣賞など受賞多数。
著書に
『かっこいい福祉』(村木厚子さんとの共著/左右社)
『社会を希望で満たす働きかた─ソーシャルデザインという仕事』(朝日新聞出版)
『観点変更─なぜ、アトリエ インカーブは生まれたか』(創元社)など。
アトリエ インカーブ http://incurve.jp

【書誌情報】
著者:今中博之
装幀:坂野公一+吉田友美(welle desing)
装画:新木友行「走り高跳び」
発行:河出書房新社
定価:本体900円+税
河出文庫 文庫/304ページ
2020年7月7日 第一刷発行
978-4-309-41758-5 C0195