12月 1日(日)、京都(同志社)で
日本ソーシャル・イノベーション学会の第1回年次大会の
メインシンポジウムに登壇します!!
テーマは「社会を変えるトリガーとは何か? -食・アート・サイエンス-」です。

そもそもイノベーションとは何でしょう?
きっと、それは個人の知性よりもむしろ、
今の社会のあり方(要請といったほうがいいかも)に依存し、
発生するものだと思います。時代にそった社会が出現し、
過去と現在のコトやモノを焼き直しして、マネっこしながら、
気がついたらそれがイノベーション(と、呼ばれる)。
ということは、時代の要請を感じ取ることが初めの一歩?
いやいや、時代に迎合するなんてまっぴら。我が道をいく!ことがいいの?
いろいろ考えが巡りますね。
少なくとも言ることは、イノベーションは実践と実行だということです。
ゆえに、研究者に限らず市民レベルで議論すべきことですね。
メインシンポジウムでは、
拙著『希望を満たす働きかた-ソーシャルデザインという仕事-』の中から
「社会を変える」ヒントを探したいと思います。

本大会は、同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル
・イノベーションコースの教員と修了生を、
基盤に発足した日本ソーシャル・イノベーション学会です。
本大会はその記念すべき第1回年次大会。
個人的にも「その後」どのような大会になるのか、楽しみです。
お時間があえば、ぜひ、お越しくださいませ。

メインシンポジウムのテーマ
「社会を変えるトリガーとは何か? -食・アート・サイエンス-」
メインシンポご登壇者(五十音順)
石田秀輝氏(科学者、東北大学名誉教授、地球村研究室代表)
今中博之氏(社会福祉法人 素王会理事長)
河合秀治氏(ココネット株式会社取締役社長)
(メインシンポジウム以外にポスターセッション等があります)

日時  2019年12月 1日(日) 10:00-18:00 (開場 9:30)
(13:15~15:00 メインシンポジウム)
定 員 200名
会 場 同志社大学 烏丸キャンパス 志高館

申し込みはこちらまで。
https://socialinnovationday2019.peatix.com/