今週6日(土)、横浜(神奈川県庁前)で
小橋賢児さん(映画監督、音楽イベントプロデューサー)と
熊谷晋一郎(医師、東京大学先端科学技術研究センター准教授)さんとミニトークをします!!

お時間が合えばお越しください。
ミニトークを含むイベントは、
私が委員として参加しているオリ・パラ競技大会の文化委員会が
長い時間をかけてプランニングしてきた東京2020 NIPPONフェスティバルの
4つの主催プログラムの一つ「共生社会の実現に向けて」です。

事業タイトルは、「ONE – Our New Episode -」、
コンセプトは「Human Orchestra(ヒューマンオーケストラ)」。
タイトルとコンセプトについて、ディレクターの小橋さんは、
「これまで交わったことのない人たち、多様な人たちが集まり、
一人ひとりの個性を生かしながら新しい物語を作っていく。
聴いたことのない、見たことのないヒューマンが奏でるハーモニー。
これはチャレンジです。出会ったことのない表現に出会うのが楽しみです。
わくわくしています」と語りました。

ステージプログラムは、文化委員会でご一緒している吉本光宏さん
(公益社団法人企業メセナ協議会理事、株式会社ニッセイ基礎研究所研究理事)の
「東京2020大会と文化プログラムについて」と題したご講演からスタートです。
「オリ・パラの文化プログラムって、何?」「その目的って?」などの
そもそも論を聞かせていただけると思います。
続いては「Human Orchestra」メンバーがライブやパネルディカッションなどで登壇。
かんばらけんたさん、アオイヤマダさん、清水文太さん、ヴィヴィアン佐藤さん、
武藤将胤さん、伊是名夏子さん(コラムニスト)、児島響さん(ピアニスト)、
松田崇弥さん(株式会社ヘラルボニー代表取締役)、林曉甫さん、
菊池宏子さん(NPO法人インビジブル)、
下司尚実さん(自由形ユニット”泥棒対策ライト”主宰/振付家)、
齋藤ヒロスミさん(株式会社WooraFront)、
潤間大仁さん(「共生社会の実現にむけて」コンテンツ演出家)、
山峰潤也さん(「共生社会の実現にむけて」コンテンツ監修、キュレーター)。
Human Orchestraが生むハレーション。楽しみにしています。
https://tokyo2020.org/jp/special/festival/one/

ちなみに。
私が文化委員として関わっている
「東京2020 NIPPON フェスティバル」とは
「世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月頃にかけて実施する、
東京2020大会の公式文化プログラム」。
「日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、
共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、
文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、
大会に向けて期待感を高めることを目的」です。
凸凹道を走るのは、スポーツと文化は車の両輪です。
10月6日はオリ・パラ文化のキックオフ。
ぜひぜひ、横浜にお越しください。