2月3日(日)、金沢で「ユニバーサルデザインのミクロとマクロ」と題した
トークイベントに東京藝術大学大学美術館長・教授の秋元雄史氏と登壇させていただきます。
政府は2020年オリパラにむけ「ユニバーサルデザイン2020」を起動させました。
その分野は大きく「心のバリアフリー=ソフト」と「街のバリアフリー=ハード」です。
今回は「子どもたちの心のバリアフリー」に注目したいと思います。
差別というバリアの息の根をとめることは難問中の難問です。
ブッダは2500年前からそのバリアの破壊を試みましたが、
いまだにカーストは存在しています(法律では禁止されても観念は消えません)。
この国でも「露骨なバリア」は高くなるばかり。
少しでも崩したい‥でも、どうすればいいのでしょう?
そのヒントを子どもたちからもらえないか?
そんな手前勝手なことを考えています。

第一部は今中による「基調講演」
(といっても30分程度でインカーブの概要をかいつまんでお話します)。
そして第二部ではメインの東京藝術大学大学美術館長・教授の秋元雄史氏との「対談」です。
ユニーバーサルデザインを切り口に、アート・子ども・福祉などなど様々なお話させていただく予定です。
しばれる金沢ですが、寒さには強いよ!って方はぜひお越しください!
定員が40名だそうです。
お早めに予約をしていただいたほうがいいような。

【日時】 2019年2月3日(日)14:00 – 16:00
【会場】 ITビジネスプラザ武蔵(金沢市武蔵町14-31)
【定員】 40名(要申込・先着順)
【参加費】無料
【講演のお申込み方法】
必要事項をご明記の上、メールまたはFAXにてお申しください。
(1)氏名
(2)電話番号
(3)メールアドレス
(4)所属団体

E-mail:udi@uraken.co.jp
FAX :076-223-1251

*定員(40名・先着順)に達した場合は、
申込受付を終了させていただきます。
『UDiトークイベント「UDのミクロとマクロ」
http://ud-ishikawa.com/event/?tid=100047
Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/366015394185594/

【お問い合わせ先】
一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ
(株)浦建築研究所内 担当:万波(080-3317-5938)