金沢美術工芸大学の講演に引き続き神谷梢が登壇します。
なか一週間あけての連投。がんばれお母ちゃん!!
11月17・18日に浜松で開催される「障害学会第15回大会」に
アーティストであり愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所所属の
研究者である清野智子さんの共同研究者として(研究代表者:清野さん)、
「障害者による芸術活動への社会の態度ー新聞記事の調査から」
と題した口頭発表です。
研究は、「日本において発行部数の高い新聞約30年分を調査対象として、
芸術活動を行う障害者に対する関心や差別といった
社会の態度を明らかにし、今日の障害者による芸術活動への支援の問い直しを図る」
ことを目的とされています。
今回の大会では、調査初期段階の経過報告として、
読売新聞についての調査結果を中心に報告します。
本研究における芸術の定義と調査対象の芸術分野は
「芸術を、技術の質を問わず、創造・発表・鑑賞において
精神的価値や知的価値を創出する可能性のある人間の活動とその所産と定義した。
調査対象の芸術分野については、美術全般、デザイン全般、音楽全般、
舞台芸術全般(演劇・舞踊を含む)、メディアアート全般(写真・映像・漫画・アニメーションを含む)、
文芸全般、芸能全般、伝統芸能全般、芸道(華道、書道のみ)」が対象です。
約30年分の重み。
調査結果が楽しみです。
がんばれお母ちゃん、2020年まで。
http://www.arsvi.com/2010/20181118st.htm?fbclid=IwAR30v18OBNcXCqj7KGhTo3IE9HYlIsi4yT1AmO0bmUL84bm38Z7ryfBE3SQ
http://www.arsvi.com/ds/jsds2018.htm