明日、全国発売される『一冊の本』
(朝日新聞出版 11月号)の「著者から」というコーナーに
拙著『社会を希望で満たす働きかた-ソーシャルデザインという仕事-』が
ピックアップされました!
15万字の本書を1500字にギュッと凝縮して書きおこしました。

ちなみに『一冊の本』の定価は100円ですが、なかなか読み応えがあります。
鴻上尚史さんの「ほがらか人生相談」から佐藤 優さんの「混沌とした時代の始まり」まで。
全部に興味がなくてもどこかにひっかかるかもしれません。
過剰は効率を凌駕する。
ぜひご笑覧くださいませ。
ところでこの『一冊の本』はAmazonで販売されていません。
お近くの書店か朝日新聞販売所で購入となるようです。
すこし面倒臭いがそれもよし。
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20499