今日はいたって個人的なお知らせです。
それも予告です。
お友達、そのまたお友達でシェアしていただけると嬉しいです。
厚かましいお願いですみません。
来週10月19日、朝日新聞出版から
『社会を希望で満たす働きかた—ソーシャルデザインという仕事—』が
全国発売されます。
担当の編集者さんからご連絡をいただいたのは昨年のクリスマス。
いつかデザインと社会福祉を架橋する「ソーシャルデザイン」のことを
本に書きたいと思っていたので、またとない幸運でした。

ソーシャルデザインというツールを使って、
水と油だと思われているアートと福祉、市場と社会福祉、
障がい者と健常者の関係をシャッフルしたら、
社会に「希望」が見つかるのではないか。
アートやデザインの世界から
社会福祉に飛び込んでくれる人が現われてほしい。
デザイナーにもっとソーシャルな意識が芽生えたら。
そんな希望もあります。

デザインは常に職業や階級を
差別化するために使われてきたという歴史があります。
食器からファッション、建築物、インテリアに至るまで、
デザインによって支配階級と被支配階級の差別化がなされてきました。
でも、デザインに差別化する力があるなら、
「非差別化する力」もあるはず。
いままで障がい者をカテゴライズし、
それに疑問を呈さなかった人の意識を変えることができるはず。
仏教、哲学、経済の知恵を借りて「ソーシャルデザイン」とは
何かを問うてみました。
ご笑覧いただければとても嬉しいです。

以下は予約ページです。
– – –
『社会を希望で満たす働きかた
―ソーシャルデザインという仕事―』
出版社: 朝日新聞出版
定価:1600円+税
2018年10月19日 全国発売

ビブリオ インカーブ:http://b-incurve.jp/online/online_kibo.html
amazon : http://urx.red/Msjh