そうなんです「オリンピック・パラリンピックは
スポーツの祭典だけではなく、文化の祭典でもあります」。
朝の暗いうちからタクシーと新幹線を乗り継ぎ
「東京2020 NIPPONフェスティバル」の「文化・教育委員会」に参加しています。
開催まで約二年。長いような短いような、と思ってたら、
お尻に火がついてきました。そこで知ってくだい!
文化の祭典がこんな感じで進んでるってこと。
特に私が関わっているのは「東京NIPPONフェスティバル」です。
全国に波及するよう、東京を中心に
大規模な4つの文化プログラムの開催を予定しています。
まだまだフレームが出来たのでばかりでディテールはこれから。
なのでほんのさわりだけをご紹介します。
「たったこれだけで、なんにも、わからん」という声が
聞こえそうですね(汗)。すみません。おいおい報告します。
https://tokyo2020.org/jp/get-involved/festival/

1.大会に向けた祝祭感
2020年4月頃(キックオフ)
東西を代表する無形文化遺産・舞台芸術の融合による
世界初の舞台を2020年の東京で実現

2.参加と交流
2020年7月頃(東京2020オリンピック直前)
日本文化を通じて、さまざまな人が交流する場・イベントを創出。
・世界の心を一つにするフィナーレ

3.共生社会の実現
2020年8月頃(東京2020パラリンピック直前)
障がい者やLGBTの人々を含めた多様な個性を持つ人が参画し、
街中でさまざまなマートやパフォーマンス活動などを展開

4.東北復興
2020年5月から7月頃
東北各県と連携し、東北各地・東京を舞台とした文化プログラムを展開。
国内外へ東北の現在の姿を発信

前後しましたが「東京NIPPONフェスティバル」の
コンセプトもお読みください。素敵です。

「あらゆる境界を超え、ひとつになるとき」。
そうなんです、2020はまたとないプラットホームです。
これを逃したら、もうないかも。
緊張感をもって「東京NIPPONフェスティバル」をつくっていきたいと思います。
https://tokyo2020.org/jp/organising-committee/structure/culture-education-commission/