「障がいのある方と働く」ことは特別なことか。
なぜ、あなたは「障がいのある方と働く」ことを欲しているのか。
そんな問いに私なりに答えがだせれたらいいなと思います。
7月12日(木)大阪で講演とパネルディスカッションに参加させていただきます。
対象は「社会福祉施設に勤務する役職員」となっていますが、
福祉って特別なものではないので一般のかたでも大丈夫だと思います。
すみません問い合わせてくだだい。
個人的には関西学院大学 名誉教授 牧里毎治先生と
同じ舞台にあがれることをとても楽しみにしています。
もし、お時間があればぜひお越しください。

【セミナー名】さまざまな人権問題に関する研修会
【テーマ】障がい者と働く場~新たなカタチを想像する~
【主催】福祉と人権の研修ネットワークおおさか
(大阪府社会福祉協議会・大阪府地域福祉推進財団)
【日時】平成30年7月12日(木)13時30分~17時
【会場】大阪府社会福祉会館
〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町7丁目4-15
【対象】社会福祉施設に勤務する役職員
(新任等一般職員クラスから管理者・役員まで幅広く受講可能)100名程度

【プログラム予定】
1:講義(13:30~14:30)
社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブ 今中博之氏

2:福祉現場からの実践報告(14:30~15:30)
社会福祉法人大阪府障害者福祉事業団 南河内南障害者就業
・生活支援センター センター長 坪倉浩治氏
NPO法人ソーシャルデザインワークス 事務局長 松隈茂雄氏

3:パネルディスカッション(15:40~16:55)
パネラー 今中博之氏 坪倉浩治氏 松隈茂雄氏
コーディネーター 関西学院大学 名誉教授 牧里毎治氏

【参加費】無料

【お問合せ先】
大阪府社会福祉協議会 大阪福祉人材支援センター研修グループ
担当:徳本、矢田
TEL:06-6762-9035 FAX:06-6764-5149