みんなが同じテキストを読んで、
みんなバラバラの解読の仕方をして、
「あーね」って納得しあう「輪読会」をしています。
いつもそばにいる、知った者どうしのスタッフなのに、
まったく違った面が見つかったり。
毎日はスッーて過ぎていまうのに、
輪読会の時間はゆっくり進むように思います。
ときどき、いい時間です。