私、実は京都うまれなんです。それも中京区。
それもど真中。排他的だと正面切って言われることもままあり。
でも何だか嬉しくもあり。
そんな京都の可能性を探るシンポジウムが3月13日(火)、
同志社大学・今出川キャンパスであります。テーマは「創造都市・京都の可能性」。
モデレーターには同志社大学 経済学部 特別客員教授の佐々木 雅幸先生、
パネリストには五輪・パラリンピックの文化委員会でご一緒しているニッセイ基礎研究所の吉本 光宏さん。
登壇者は論客ぞろいです。
ぜひぜひ、京都へ。私は(時間の都合上)第一部だけ聞かせていただきます。

5年間にわたる「創造経済・創造都市研究」の成果を踏まえ、
文化庁移転を間近に控えた「創造都市・京都」の課題を探求する待望のシンポジウム 。
特集「産業都市・京都の未来-歴史都市の産業政策-」(『地域開発』2018年1月号)に
寄稿された気鋭の論者を迎えて「創造都市としての京都の可能性と発展戦略」を討論します。

日時:3月13日(火)13時~15時(受付開始12時30分)
場所:同志社大学 良心館 1階 RY103
事前申し込み:不要、入場無料

パネリスト
■白須 正(龍谷大学 政策学部 教授)
「産業都市としての京都‐京都産業の過去、現在、未来‐」
■各務 亮(株式会社電通 京都支社文化事業構想部プロデューサー)
「京都から生まれる未来の伝統~京都の伝統産業の現状と可能性」
■柴 隆利(京都商工会議所 中小企業経営支援センター 知恵産業推進室 室長)
「『知恵産業のまち・京都』に向けた取り組み」
■石田 洋也(京都市産業観光局新産業振興室長)
「京都市の新産業政策」

コメンテーター
■吉本 光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事)
■太下 義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング芸術・
文化政策センター 主席研究員/センター長 独立行政法人国立美術館 理事)

モデレーター
■佐々木 雅幸(同志社大学 経済学部 特別客員教授)

主催/同志社大学 創造経済研究センター事務局
共催/同志社大学 ライフリスク研究センター事務局
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成事業により実施