はじめて「野球」をみたのは長嶋茂雄の引退試合でした(と、記憶しています)。
なので、かれこれ43シーズンほどみています。
ご存知かもしれませんがアトリエ<インカーブ>は、野球用語なんです。
イン・カーブは内角のカーブ。カーブを和訳すれば魔球。
つまり「内角の魔球」という意味です。
仕事でも、プライベートでも、あーだ、こーだ考えるときは
「野球でいえば、これって、どうよ?」なんて調子です。
若い時は打者となって配球を考えたり、守備について連携プレーを思い描き。
いまはベースをまわる脚力がないので、ベンチから選手をヤジるだけ。
一年に一回、インカーブの野球大会をします。
チーム名も打順も守備位置もアーティストが組み立てます。
そしていつも乱打戦。
なんせ勝てばお昼ご飯はおごりですから(笑)
今年もおもろい試合でした。やっぱり、野球はおもろい。