「無鑑査・無褒賞・自由出品」のアンデパンダン展を初めてみたのは高校生の頃でした。
当時のはなし。得体のしれない液体が入ったバケツから得体の知れない匂い会場に立ち込め、
トルソに包丁がささり、グロテスクな女体から色香が。
ギャラリー インカーブ|京都では隔年で「allstars展」を開催しています。
アーティストが自ら選んだ作品を「無鑑査・無褒賞・自由出品」で展覧しています。
選び/選ばれの双方向を全否定するものではありません。
そんなことしていたら毎日の食事さえいただけませんから。
でも、たまには、あーだ、こーだ、言われずに自由でありたい。そう思うのです。
一方で、いつもいつも、勝手に選んで、勝手に展示してごめんね、とも思うのです。
会期は残り10月27日(金)28日(土)のみです。
最終日の28日(土)はクロージング・レセプション(14:00 – 16:00ご予約不要・参加費無料)を行います。
アーティストも多数参加されます。
お時間があえば秋の京都へお越しください。
http://incurve.jp/exhibitions/ex_171020autumn.html