内閣府が今年9月30日に公表した「障害者に関する世論調査」によると
「83%の<大人>は、障がい者に対して差別意識をもつ」らしい。
一昨日、アトリエインカーブのアーティスト新木友行さんが
東大阪市立英田北小学校の5年生130名前に登壇した。昨年に引き続き2回目である。
「アートってとっても自由なんです!」をテーマに掲げ、ワークショップ形式で授業を行った。
「錦織圭選手」を題材に新木さんと130名が描く。
新木は「自由」に、130名はいつも習っている通り「うまく」をめがけて。
「自由」はあるがままに、「ルール」は<大人>のゆわれるがままに。
そのルールは隣の子とだいたい同じになることらしい。
ルールを守れば教員も喜ぶ、教員が喜べば親も喜ぶ。
そしていつしか喜ばせたくて子どもは喜ぶフリをする。
新木さんを「あのおっちゃん、ヤバイ!」って感じた子どもは、
来週から美術の教科書を読んで何を感じるのだろう?教員に何を話すのだろう?
「僕の作品、ぜんぜんヤバくなさそうなんですけど、どうしたらいいですか?」、
「そんなこと自分で自由に考えなよ」っていえる教員を「ちゃんとした先生」と呼びたいな。
「あのおっちゃん、ヤバイ!」って子どもが<大人>になった約10年後。
「83%の<子ども>は、障がい者に対して差別意識をもたないようです」なんて時代になってたら嬉しい。
素敵なワークショップをありがとうございました。
東大阪英田北小みなさんに感謝します。ご縁を繋いでくれた北村さんの覚悟にも敬服です。
また、いつか。