神谷梢が天才バカボンのパパと同い年の41歳になりました。

「枯れ葉散る 白い テラスの午後三時
じっと見つめて欲しいのよ
特別の愛で ふるえて欲しい
四十一歳の春だから
元祖天才バカボンのパパだから
冷たい目で見ないで」
『元祖天才バカボンの春』

「今日はお祝いいただき、ありがとうございました!
歳をとることにおめでとうを言っていただけるのは、ありがたいことだなぁとしみじみします。
みなさんにありがとうをお返しできる一年にしたいと思います。
また一年、どうぞよろしくお願いします!れすふようです神谷」。
こんなことを言える神谷梢を誰が「冷たい目」で見るものか。
インカーブの福の神はみんなから「特別な愛」もらって大きく成長しました。
おめでと。