障がい者の芸術表現に関心のある方、その現場にいる方に注目していただきたい
書評『アール・ブリュット 野生芸術の真髄』(人文書院)があります。
特に文中の「ところが」と「だが」で否定する段落をみてください。
これは、わが国の障がいのあるアーティストの創造行為が
「和製アール・ブリュット化=政策芸術化」されることを憂う主張です。
「<ところが>、私たちが目にするアール・ブリュットは、知的障害を持った人たちが、
滞在する施設の利用時間を使って作ることを指導された絵や工作に限定されすぎていないか」。
そして「<だが>、日本でのアール・ブリュットをめぐる近年の奇妙な足並みの揃え方を見ていると、
デュビュッフェの思いとはまったく逆の方向に進んでいないだろうか」。
締めは「間近に迫ったオリンピック・パラリンピックをめぐる国や自治体による<政策芸術化>が
進行しているのを忘れてはいけない」(朝日新聞2017.07.09)と最大限の憂いが述べられています。
彼が否定する主張を平たくいうとアール・ブリュットの原義/定義をひん曲げてしまった
福祉事業者と美術研究者への異議申し立てです。
そこでわれわれ(障がい者の芸術表現に関心のある方、現場にいる方)が考えなければならないのは、
なぜ、福祉事業者は意図的に原義をひん曲げてしまったのか?
そして、ひん曲げることに美術研究者は、なぜ、無意識だったのか?<政策芸術化>が進行しないうちに、
考えてみたいと思います。ぜひ、みなさんも、議論してみてください。





ps人文書院に問い合わせました。以下の『アール・ブリュット』刊行記念イベントが開催されるようです。
9月2日は京都。9月9日は東京だそうです。ご興味があればぜひぜひ。
http://www.jimbunshoin.co.jp/news/n19299.html
今月末には人文書院WEBにて告知されるそうです。
9/2ギャルリー宮脇
http://www.galerie-miyawaki.com/miya.htm
杉村昌昭さん(訳者)と鈴木創士(フランス文学者)の対談
9/9銀座 永井画廊
http://www.nagai-garou.com/
杉村昌昭さん(訳者)のみのトーク予定
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b272221.html