アトリエインカーブで[おなじ釜の飯]プロジェクトと題した、
有給のインターンシップ制度がスタートしました!!
インカーブは、15年にわたって知的に障がいのあるアーティストたちの創作活動の環境を整え、
彼らが作家として独立することを支援してきました。
国内の美術館やギャラリーでは、展覧会が企画され、国内外のアートフェアにも出展しています。
15年もやっていると、全国から「アート支援の困りごと」が寄せられます。
わたしなりに困りごとを分析すると、とどのつまり「障がいのあるアーティストを支援するスタッフに
『アートやデザインの専門職』が少ないこと」にたどり着きます。

一方、障がいのあるお子様のご家族やマスコミから、同じような質問を幾度となく受けてきました。
「なぜ、インカーブ・ツー(二つ目のインカーブ)をつくらないのですか?」
「土地と建物は何とかしますから、うちの子のためにインカーブ・ツーを作ってください!」。
うれしいお言葉です、そんなにインカーブを好いてくれはって。
でも「片手にアートとデザイン、もう一方の手に福祉の心をもつスタッフは、
そう簡単に見つかるわけじゃないんです」「わたしの体力が落ちている今、
インカーブ・ツーを作るために、新たに10人近いスタッフを育てるのは難しいんです」と
お断りしてきました。

でも、その無理だ!の観点を少しズラしてみました。ズラし方はこうです。
「インカーブがスタッフを揃えるのではなく、
アート・デザインと福祉を学ぶ/仕事にするあなたのお手伝いをさせて頂く」
「一度に10人は無理でも1人ずつぐらいなら可能かも」。

ということで、「アート支援の困りごと」に応えるための「人づくり」をすることにしました。
それがインカーブの[おなじ釜の飯]プロジェクトです。このプロジェクトでは、
私たちスタッフやアーティストとおなじ釜の飯を食べながら、インカーブ独自の障がいのある方の
創作活動の支援や、作品展示発表・作品販売などのノウハウをお伝えします。
おなじ釜の飯を食べますが「ずっとインカーブで食べる/仕事をする」ことを意図していません。
あなたの働く場所に帰って、インカーブ的アート支援方法を導入する、
もしくは反面教師として活用していただくことをイメージしています。
嬉しいことに2017年度(来年の3月まで)は、ご希望者でいっぱいです。
そこで、2018年度(来年の4月以降)の募集を行いたいと思います。
インカーブとおなじ釜の飯を食べてもいいよっていうみなさんのご応募をお待ちしております。
詳細は下記のHPまで。
http://incurve.jp/kamameshi.html