過去の記事 → 2019年12月

片岡學、今年最後の登壇

クリスマス前の22日。
兵庫県庁ユニバーサル推進課が主催する
「ひょうご障害者芸術文化活動支援センター」の開設記念セミナーに
スタッフの片岡學がゲストとして登壇しました。
甲南大学文学部教授の服部正氏による進行のもと、
工房集の宮本恵美氏・片山工房の新川修平氏・
アトリエ インカーブの片岡學の4名でディスカッションが行いました。
アーティストの制作環境の作り方や作品発表の方法、外部との連携など、
障がいのある方の芸術支援について意見交換をしました。
2020年は各地方公共団体がこのような「支援センター」をつくり、
起動させ、継続させる試みが本格的になります(きっと)。
キモは”つくる人””起動させる人””継続する人”なんてことは、
わかり切ってることですが、
最大もキモは行政にきちんと継続できる「お金」をつけさせることです。

クリスマスの日の朝日新聞(夕刊)で新木友行の特集が組まれました。
今年はSinkiyearでした。彼の能力の高さに感服です。
来年は一層、オリパラで新木の作品がみなさんの目に留まるはず。
新木曰く「私は、障害者アーティストではない、
アール・ブリュットのアーティストでもなければ
アウトサイダーのアーティストでもない。私はアーティストです」。
国や地方自治体、文化庁、研究者、市民は、
新木の意見に耳を傾けることはできるのでしょうか。
”当事者”の声がねじ曲げられないことを切に願っています。

http://incurve.jp/archives/shin_191225asahi.html

「著者が語る」

今年最後。拙著『かっこいい福祉』をご紹介していただきました。
今回は、書評ではなく「著者が語る」という自作自演ものです。
自分が書いたこと(話したこと)を自分が書く(語る)というのは恥ずかしいものです。
この恥ずかしさは、自らがデザインした空間に、自らが身を置くのと似ているような気がします。
本当は過去を振り返り、反省してから進めるほうがいいと思うのですが、
それが極めて恥ずかしいのです。
「月刊公明2020年1月号」

http://incurve.jp/archives/za_200101koumei.html

オリパラポスター展の「ポスター」が完成しました!!
ただいま、インカーブのアーティスト・新木画伯は
新聞&テレビの取材で大忙しです。
私、なんだか芸能マネージャーになった気分です。
「東京2020公式アートポスター展」の会期は2020年1月7日~2月16日です。
会場は東京都現代美術館。
国内外の20名のクリエーターの作品が並びます。
お時間があえば、どうぞ、ぜひぜひ。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20989
http://incurve.jp/artists/artists_shinki.html

北池裕一・TRUNK(HOTEL)

インカーブのアーティスト・北池裕一さんの作品が
渋谷の「TRUNK(HOTEL)」で展示されています。
ご購入も可能です。
お近くにお越しの際はぜひぜひご笑覧くださいませ。
今月の中旬までの展示予定です。
https://trunk-hotel.com/
http://incurve.jp/artists/artists_kitaike.html



前のページページのトップ