過去の記事 → 2018年10月

『一冊の本』

明日、全国発売される『一冊の本』
(朝日新聞出版 11月号)の「著者から」というコーナーに
拙著『社会を希望で満たす働きかた-ソーシャルデザインという仕事-』が
ピックアップされました!
15万字の本書を1500字にギュッと凝縮して書きおこしました。

ちなみに『一冊の本』の定価は100円ですが、なかなか読み応えがあります。
鴻上尚史さんの「ほがらか人生相談」から佐藤 優さんの「混沌とした時代の始まり」まで。
全部に興味がなくてもどこかにひっかかるかもしれません。
過剰は効率を凌駕する。
ぜひご笑覧くださいませ。
ところでこの『一冊の本』はAmazonで販売されていません。
お近くの書店か朝日新聞販売所で購入となるようです。
すこし面倒臭いがそれもよし。
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20499

今週はいい調子

ビジネス書で1位!!
拙著『社会を希望で満たす働きかた-ソーシャルデザインという仕事-』が
紀伊國屋(本町店)でビジネス書のジャンルで1位になっていました。
ただし週間ランキング。
でも一週間でもたくさんの方々に読んでいただけて嬉しいです。
ありがとうございます。
来週は圏外かもしれませんが今週はいい調子です。
自分で書いた「あなたの『怒り』はなんですか?」のフレーズが
心の中心あたりに居座っています。
忘れがちになる、そもそもの怒り。
今日も忘れないように。

『社会を希望で満たす働きかた
―ソーシャルデザインという仕事―』
出版社: 朝日新聞出版
定価:1600円+税
2018年10月19日 全国発売

*ご購入はこちらから。
インカーブWebページ:http://b-incurve.jp/online/online_kibo.html
amazon: http://urx.red/Msjh

今日のFBでお知らせしていた
拙著『社会を希望で満たす働きかた ―ソーシャルデザインという仕事―』の
プレゼントにつきまして、申込み先着順で定員に達したため、受付を締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました!
受付最終日は11月15日だったのですがFBアップ後、早々に定員オーバー。
たくさんの方にご興味をお持ちいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!
全国の図書館、町の本屋さん、Amazon、ビブリオインカーブで
ご笑覧、ご購入いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
インカーブWebページ:http://b-incurve.jp/online/online_kibo.html

今日(19日)、朝日新聞出版から拙著『社会を希望で満たす働きかた
―ソーシャルデザインという仕事―』を上梓させていただきました。
全国の図書館にも入ると思います。ご笑覧くださいませ。

最初の読者は娘さくらです。そうしたい(そうであってほしい)と
書き出しから思っていました。
漢字をすべて飛ばしひらがなだけを音読。
彼女が大人になったときもう一度手に取ってくれたらいいな。
そんなひそやかな思いが巡ります。

本書の冒頭で「あなたの『怒り』は何ですか」と問いました。
怒りはクリエイティビティーの起点だからです。
筆者である私の怒りは、攻撃されダメージを負った「社会的に弱い人」を
さらに痛めつける人や社会のシステムに向けられています。
そして「デザインに差別化する力があるなら、
『非差別化する力』もあるはず」だとも問いました。
デザインは常に職業や階級を差別化するために使われてきたという歴史があります。
しかしデザインに差別化する力があるなら、「非差別化する力」もあるはず。
いままで弱者をカテゴライズし、それに疑問を呈さなかった人の意識を変えることができるはずです。

あなたにソーシャルデザインの世界に一歩足を踏み込んで欲しい。
それが本書の企みです。
(本書を2000文字程度の原稿で紹介しています。
よろしければご笑覧くださいませ。
『一冊の本』著者からのページより、2018年11号朝日新聞出版
http://b-incurve.jp/kibo.html

『社会を希望で満たす働きかた
―ソーシャルデザインという仕事―』
出版社: 朝日新聞出版
定価:1600円+税
2018年10月19日 全国発売

*ご購入はこちらから。
インカーブWebページ:http://b-incurve.jp/online/online_kibo.html
amazon: http://urx.red/Msjh

*今回、先着5名様に限り、
『社会を希望で満たす働きかた
―ソーシャルデザインという仕事―』を
プレゼントさせていただきます。
ご希望の方はインカーブまでメールでご連絡ください。
(ご連絡はメールのみとさせていただきます)

メールアドレス:info@incurve.jp
件名:「希望本希望」と記載
本文:下記の項目を必ずご記入ください
・お名前/ふりがな
・郵便番号
・住所(配送先)
・勤務先/所属先
・メールアドレス
・電話番号

〔締切〕
2018年11月15日(木)まで。
尚、数に限りがありますので、
お一人/事業者につき1冊とさせていただき、5名様の発表は、
本書の発送をもって代えさせていただきます。

今日はいたって個人的なお知らせです。
それも予告です。
お友達、そのまたお友達でシェアしていただけると嬉しいです。
厚かましいお願いですみません。
来週10月19日、朝日新聞出版から
『社会を希望で満たす働きかた—ソーシャルデザインという仕事—』が
全国発売されます。
担当の編集者さんからご連絡をいただいたのは昨年のクリスマス。
いつかデザインと社会福祉を架橋する「ソーシャルデザイン」のことを
本に書きたいと思っていたので、またとない幸運でした。

ソーシャルデザインというツールを使って、
水と油だと思われているアートと福祉、市場と社会福祉、
障がい者と健常者の関係をシャッフルしたら、
社会に「希望」が見つかるのではないか。
アートやデザインの世界から
社会福祉に飛び込んでくれる人が現われてほしい。
デザイナーにもっとソーシャルな意識が芽生えたら。
そんな希望もあります。

デザインは常に職業や階級を
差別化するために使われてきたという歴史があります。
食器からファッション、建築物、インテリアに至るまで、
デザインによって支配階級と被支配階級の差別化がなされてきました。
でも、デザインに差別化する力があるなら、
「非差別化する力」もあるはず。
いままで障がい者をカテゴライズし、
それに疑問を呈さなかった人の意識を変えることができるはず。
仏教、哲学、経済の知恵を借りて「ソーシャルデザイン」とは
何かを問うてみました。
ご笑覧いただければとても嬉しいです。

以下は予約ページです。
– – –
『社会を希望で満たす働きかた
―ソーシャルデザインという仕事―』
出版社: 朝日新聞出版
定価:1600円+税
2018年10月19日 全国発売

ビブリオ インカーブ:http://b-incurve.jp/online/online_kibo.html
amazon : http://urx.red/Msjh

前のページページのトップ