過去の記事 → 2016年06月

初・完全予約制の展覧会

ニューヨーク、シンガポールを経て帰還した寺尾勝広の作品を「完全予約制」でご覧頂けます。
大人数で、ワイワイ鑑賞するのではなく、シーンとしたギャラリーで雑音を排して、観る。
そんな初のココロミをしたいと思います。
鑑賞していただける期間は1日、時間は1時間、そしてオーディエンスは1人(1組)です。
寺尾の初期の未公開作品(現在のような執拗な「線」よる作画以前の大らかな面相筆を
つかった作品など)から最新作品までをワインとともにお楽しみいただけます。
ただ、既にご予約していただける枠が「3つ」になってしまいました……すみません。
ご希望をいただいた順にご案内させていただいております。
よろしくお願いいたします。

【展覧会名】
ニューヨーク、シンガポール、そして日本。
http://g-incurve.jp/exhibitions/ex_160702gi_terao.html
2016年7月2日(土)ー 7月30日(土)土曜のみ開廊 12:00-19:00
(7月23日のみ完全予約制<予約外の方はギャラリーに入っていただくことはできません>)
【場所】
ギャラリー インカーブ|京都
〒604-8824 京都市中京区壬生高樋町60-18
http://g-incurve.jp/news.html

ご予約は、「メール」にてお伺いいたします。info@g-incurve.jp まで、
下記の必要事項をお知らせください。
後日、担当者よりメール又はお電話にてご予約の確認をさせていただきます。
満席等でお客さまのご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。
参加費は無料です。

※① – ⑥は必須項目です。
①ご希望時間枠(下記よりお選びください)
12:00-13:00/13:30-14:30/16:30-17:30
②代表者氏名
③来場人数(1-2名様程度、お子様同伴でも可能です)
④電話番号
⑤メールアドレス
⑥ご住所
⑦ご所属
⑧備考

【アーティスト プロフィール】
寺尾 勝広 http://g-incurve.jp/artists/terao.html
1960年生まれ。アートステージシンガポール(2016)、アートフェア東京(2016 – 2013)、
スコープニューヨーク(2015)、銀座三越ギャラリー(2012)、
東京オペラシティアートギャラリ(2012)、
サントリーミュージアム[天保山](2008)など展覧会多数。
terao_mail01

明日22日(水)の夕方、「アトリエインカーブJr.」(以下、Jr.)が
毎日放送「VOICE」(18:15から19:00内7〜8分の特集)で紹介されます。
お時間があえば、ぜひご覧下さい。
いつものことですが、社会情勢により、放送日時が予告なく変更になる場合があります。何卒ご了承下さいませ。

ところでJr.は、平成24年4月の児童福祉法で位置づけられた「放課後等ディサービス」として
運営されていることをご存知だったでしょうか?
「アトリエインカーブ」とは法体系が違うのです。
この支援サービスは、まだまだ新しい施策ということもあって、行政(厚労省)も手探りの状態にあるようです。
もっとも彼らが頭を悩ませているのは「利用する子どもや保護者のニーズは様々で、提供される支援の内容は多種多様であり、
支援の質の観点からも<大きな開き>があるとの指摘がなされている状況」にあることです。
つまり多様性・多義性であるが故に焦点がボヤケル。
そして支援の質に<大きな開き>が出てしまうという、現実です。
一方、普遍性を重んじすぎると、単一主義に陥る。俗にいう近代とポスト近代の論と同じです。
「支援の一定の質を担保するための全国共通の枠組みが必要であるため、障害児への支援の基本的事項や
職員の専門性の確保等を定めたガイドラインの策定が必要」。
「しかし放課後等デイサービスはこうあるべきということについて、特定の枠にはめるような形で具体性をもって
示すことは技術的にも困難であり、支援の多様性自体は否定されるべきものではない。
しかしながら、提供される支援の形態は多様であっても、障害のある学齢期の子どもの健全な育成を図るという
支援の根幹は共通しているはずであり、したがって、放課後等デイサービスを提供する事業所が、
その支援の質の向上のために留意しなければならない基本的事項もまた共通するはずである」
(厚労省HP:「放課後等デイサービスガイドラインについて」を参照
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000082831.html)というのです。

彼らが何が言いたいのかを平たくいうと「『多種多様な支援』を行う事業者が、
ほんま『多種多様』で。加えて営利目的のヤヤコシイ事業者も続々と参入してて、行き先が不安ですわ」ということです。
年月を経ればヤヤコシイ事業者は自然淘汰されるでしょうし、行政でも一定のルールを考えてくれると思います。

そして、問題がもう1点。
インカーブが生まれた15年前にも感じたことですが、いまだに障がい者サービスは「金太郎アメ」なのです。
「放課後等ディサービス」も同じです。これといった特長がない。
確かに量は供給されましたが、やっていることは似たり寄ったりの旧来のルーティンワーク
(すべての事業者が先鋭的であれ!と言ってるのではありませんが)。
先ほどBlogにアップしたテーマではないですが「宗教×福祉」「農業×福祉」「芸術×福祉」のように
横断的事業を運営しないかぎり、いつまでたっても障がい者サービスは「金太郎アメ」。
これでは本当の「多種多様」ではありません。
事業者が多種多様になってきたことで、傷を負うケースも出てきます。
しかし裏を返せばチャンスかもしれません。その傷が致命傷にならない限り、われわれは受容すべきかもしれません。
淘汰された先にクオリティの高い障がい者サービスが誕生することを祈りつつ。
987

神谷梢、福祉社会学会に登壇

一昨日、福祉社会学会の大会シンポジウムに神谷梢が登壇しました。
報告テーマは、「宗教×福祉」「農業×福祉」、そしてインカーブからは「芸術×福祉」。
なにごとも中心にいる当の本人(今回でいえば「福祉ドップリ」を本人と想定して)には、
見えないことも多々あるもので。
異分野を横断させて、ヨコやナナメからつついてみたらオヤッってことも、これまた多々あるもので。
どの分野でも同じようなものだと思いますが、当の本人のポジションをどれくらいズラスか。
その距離の取り方がセンスってことなんだと思います。
123456789

今朝は、コックの細山田さんと三宅優子の合同早朝バースデーパーティでした。
細山田さんがつくってくださるランチは絶品。
味もいい、盛りつけもいい、何よりも心意気がいいんです!
毎日まいにち、ありがとうございます。
心から感謝です。

そして三宅優子。
金沢美大四回生の時に見初めて、口説いて、インカーブに嫁いでくれて、10年目。
大きくなったな〜いつも、ありがと。
IMG_7800

五輪『文化委員会』、再始動!

五輪エンブレム委員会が解散して、約1ヶ月半。
そろそろ再始動です!
今日は、五輪『文化委員会』が開催されます。
文化委員会は、私を含め19名。
エンブレム委員とは違った論客ぞろいです。
文化委員会は、エンブレム委員会のように短期集中ではなく、
2020年までの長丁場。体力的にもつかな……との不安はあるのですが、
これもお役目。いけるところまで、いってきます。

ところで、オリンピック憲章(根本原則第1)には、
「スポーツを文化と教育を融合させる」と書かれていることを
知ってはりましたか?
五輪は、スポーツだけではなく、文化の祭典でもあるんですね。
東京の会場だけがスポーツで盛り上がるのではなく、
東京以外も文化を通して盛り上がる。
その「文化的仕掛け」をハンドリングするのが文化委員会です。
事前に送られてきたレジュメには、
「文化オリンピアードを盛り上げていくには、多様な背景を持つ人々に
広く参加してもらうとともに、全国津々浦々での展開が必要」と書かれています。
いたって正論、当たり前。
でも、どうすればそんな展開ができるのか?それが、これからなんです。
あと4年で「組市松紋」のエンブレムのように
「わが国らしい」文化的仕掛けを準備する。
そのキモは、文化委員会と全国の芸術団体、そのリーダーと息が合うかどうか。
そんな気がしています。
そろそろ相棒の愛車と行ってきます。

文化・教育委員会(合同の委員リストです)↓
https://tokyo2020.jp/jp/organising-committee/structure/culture-education-commission/
IMG_8241

ページのトップ