過去の記事 → 2016年01月

ミス

感謝とお詫び。
大阪府の事業コンペをたくさんシェアしていただいて誠にありがとうございます!
本当に感謝です。
いち地方の、それれもマニアックな事業を知っていただいただけでもありがたいと思います。
ただ、『大きなミス』が発覚しました。
先ほど大阪府の担当者から「扱うアーティストは大阪府民ですが、
事業者は『大阪府に所在地があること』が必要だったのです……
昨年度までは全国の事業者を想定していたのですが……。
今年度から「大阪府内の事業者」に変更になっていたのを失念していまた……」と。
つまり、「大阪府内で事業者」がコンペ申請を行える「条件」だということです。
取り急ぎ、ご報告まで。

「志しのある方」いませんか?

お友達のみなさん、またそのお友達のみなさん、ぜひぜひお力添えください!
あまり時間がないお話でとても申し訳ないのですが、ぜひぜひ、手をあげてほしい!
そんなコンペがあります。
実は、数年前から大阪府とともに「障がい者のあるアーティストの作品を現代アート
(アウトサイダーアートやアールブリュットなどのスティグマ<烙印>付名称ではなく)
として市場に問う」試みをしてきました。
その集大成として、昨年度から具体的に予算(500万円/年)が付き、実践が開始されました。
ただ、事業を進めていただける「志しのある方」が非常に少ないのです。
「志しのある方」は大阪府&大阪市在住である必要はありません。
北海道の方でも沖縄の方でも、問題なしです。
唯一のシバリは「大阪府のアーティスト」を世界に繋げることです。
世界と言ってもNYのアート市場に限りません。西洋かぶれする前に、
同胞アジアのアート市場にも目を開くべきだと思っています。
もしご興味のある方は以下の大阪府のHPから「交付申請の手引き」をご確認下さい。

いつもFBやBlogで書いていることですが障がいのあるアーティストの活動を
「アウトサイダーアートやアールブリュット」との烙印を押す活動
(障がい者運動と言ったほうがいいかもしれませんが)はおさまりそうにありません。
厚労省や文化庁までも右になならえの状態です。
また、それ以上に気持ち悪いのは、そのスティグマの意味に抗わない(問わないかな)
障がい者施設の職員や団体の存在です。
そもそも社会福祉とは何か?を問う必要があると、ガーって怒鳴っているのですが
……大勢には届きそうにありません。
そんなこんながあって、上記の事業を動かしてくださる「志しのある方」に
手をあげてほしいと切に願っています。

ps私はこの事業の委員をしているので、
コンペに関する質疑や評価を事前にすることはできません。
スミマセン。

大阪府福祉基金事業の概要です。

ホームページ「平成28年度地域福祉振興助成金対象事業」を
http://www.pref.osaka.lg.jp/chiikifukushi/kikin/josei-boshu.html
すこしスクロールいただき、『平成28年度施策推進公募型事業
テーマ1「アートを活かした障がい者の就労支援事業ー障がい者の
現代アート市場への参入支援システムづくりー」』と表記されている箇所が対象事業です。

対象事業: 障がい者が創作した作品のアート市場への参⼊を促進し、
創作活動を活かした障がい者の⾃⽴を支援する事業。
海外のより成熟したアート市場への進出につながる具体的な
取組みを必ず含むものとします。
限度額 :500万円以内
申請書受付期間:平成28年1月29日(金)まで(最終日までの消印有効)
書類提出先:社会福祉法人大阪府社会福祉協議会
大阪府ボランティア・市民活動センター
〒542-0065 大阪市中央区中寺1-1-4 大阪社会福祉指導センター内
お問合せ先:大阪府 福祉部 地域福祉推進室 地域福祉課
直通電話 06-6944-6657
代表電話 06-6941-0351(内線4505)
詳細はこちらの「交付申請の手引き」をご確認ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/chiikifukushi/kikin/josei-shorui.html

初日終了、Art Stage Singapore 2016

昨夜「Art Stage Singapore 2016」の初日が終わりました。
中華系・ヨーロッパ系・その他のアジア系の方々など、
国籍に関係なく反応がよかった印象です。
インカーブスタッフの弁ですが
「他のギャラリーと比べ賑わっていました!」とのこと。
確かに、賑わっています。さぁ、今日からが本番。
アートコレクターや一般のお客様をお迎えします!
2016-01-20 19.31.582016-01-20 19.20.502016-01-20 18.50.43

先ほど「Art Stage Singapore 2016」のプレスプレビューが始まりました!
入場待ちのお客さまでエントランスが溢れかえっているようです。
今回のアートフェアは5名のスタッフ(林・三宅・石川・東・リリィ)でのぞみます。
さぁ、いいご縁がありますように!
123FullSizeRender

「世界や日本の状況というのは全然興味ないの。
大切なことは、自分に決着をつけるのは自分自身でしかないってこと。人生は限られている。
だからこそ、来るべき死と対峙して、私自身の芸術によって答えを出さなければって思うの」
(『豚と福音』p289)
草間弥生の言葉に南嶌さんは自らを投影しているようだった。
そんな彼が突然お浄土に還ってしまいました。
10年ほど前『豚と福音』だけをもって私の前に現れた南嶌さんは優しくて、
ダンディーで、冗談が好きで、でも、どこか寂しそうで。

南嶌さんの言葉は私を臆病にさせたり、奮い立たせたり、それでいてやっぱり優しくて。
共産圏の芸術家やハンセン病を患った芸術家、そして、生と死のこと。
もっと、もっと、もっと、話しがしたかった。
http://blogos.com/article/104215/
IMG_5489-1

前のページページのトップ