過去の記事 → 2014年10月

まるの誕生日

今日はまる(丸岡)の誕生日でした。
朝、一番最初に来てくれて。夜、一番遅くまでいてくれて。
ほんと、ありがとね。
maru

昨夜、嫁入りした新木作「ラッシュ」に会いにきました。

嫁いだ先は「世沙弥」。旦那さまは和田大象さんです。

アートには「ユーモアとセンス」が、お料理には「品」がありました。

http://taizoo.com/

IMG_4973IMG_4968IMG_4959

つんのめって倒れそうな時、人の背中を大きな力で押し倒そうとしている時、
投げやりになって人生を棒に振ろうとしている時に読んでいただきたい本があります。
『自分の「ものさし」で生きなさい』(日経BP社)は僕の杖です。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/232900.html
先日、日経BP社の麓さん(所長執行役員)から酒井雄哉さん(天台宗大阿闍梨)と
村木厚子(厚生労働省事務次官)さんの共著を献本いただきました。
10年ほど前にテレビで千日回峰行に挑まれている酒井さんのお姿を拝見してからというもの、
ご著書を読みあさりました。僕の座右の銘「一日一生」は酒井さんのお言葉です。
そして、もう一人の著者・村木厚子さんとは厚労省の課長時代からのお付き合い。
2009年に起きた郵便不正事件で逮捕・勾留されている時に酒井さんの『一日一生』の本を
差し入れました。

そんな、こんながご縁で村木さんと麓さんに同伴し、
2011年の冬から翌年の春ごろ比叡山におられる酒井さんを尋ねました。
「さあ、いらっしゃい。さあ、まずはお茶の一杯でも飲んでね」。
気負のない笑顔とお言葉をいまでもハッキリ覚えています。

酒井さんが紡ぐ言葉が僕の杖になりました。
・仏様は、一人ひとりにちゃんと役割を与えているんだよ。
だから生きるということは、そのお勤めを果たして、最終的に、人生の論文を作るということなんだよ。
・命は仏様からの借り物だよ。命を借りる代わりに論文を書くんだ。
・本線というのは、自分の能力に合った道ということ。
自分の人生をどうやって生きていくかという一つの目標を立てること。
自分が生涯こうやっていきます、どんなことがあってもこれを貫きますという、
目星をつけなきゃいけない。
・自分が人間として生まれてきたからには、仏様にお返しするには、
何をもって社会貢献したらよいのかということを考えらいい。
そうしたら、本線も見つけやすくなると思うよ。
・人間の心はいつも、善である「慈悲の心」と、人をねたんだり、
うらんだりするような「悪の心」がある。悪の心はなくならないけど、
その心をどうかわすかなんだよね。

2013年9月、酒井さんはお浄土に還られました。
現世でお会いできて本当に良かったです。
直接聞いたお言葉は僕の大きなおおきな杖になりました。
僕がお浄土に還ったらお婆ちゃんと二人して、論文をもっていきます!読んでください。

南無阿弥陀仏
sakaiIMG_6112

今年最後の集合写真

時々、ふとした弾みでみんな一緒に写真を撮ります。
きっと今年最後になるだろう、集合写真。
笑顔でいられる今日は幸せでした。
20141001-024★

仏様が運んでくださるご縁

先週末、京都大学地域研究統合情報センター・
「宗教実践の時空間と地域」の研究会で発表を行いました。
テーマは「アートと福祉と仏様と」です。
僕は研究職ではなく、現場人間です。
当研究会でもひとり特異な存在だと思います。
年に数回の研究会ですが上座仏教の現在から、
コロンボの在野の建築、僧侶と経済問題など、
他分野の活動報告に議論を交わすことが嬉しくてたまりません。
とても贅沢な数時間を頂戴しています。

僕が仏教に触れたのはお浄土に還ったお婆ちゃんの膝の上でした。
30代の中盤には乃村工芸社で天理教の博覧会を担当しました。
2000年に五木寛之さん著『他力』に出会い、
数年前、五木さんが通われた龍谷大学仏教学科の門をたたきました。
ようやく散らばっていた仏教の流れが頭に入ってきたようです。

2500前に生まれた仏教が変遷し、
現代にどんな影響を与えているのか。
僧侶は何に悩み、現代に適合していこうとしているのか。
その時、政治は何をしでかし、何を解決したのか。
深堀すれば福祉とアートに通底する事柄が
たくさんあることがわかります。
「アートと福祉と仏様と」。
きっと僕がお浄土に還るまで考えてるんだと思います。
きっとお浄土でも考えてる気がします。

仏様が運んでくださるご縁に心から感謝。
http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/project/kydo25-2-3

1DSCN75192DSCN75203DSCN7521

前のページ 次のページページのトップ