過去の記事 → 2014年04月

「知的障害者ではなく芸術家」

今朝の朝日新聞「知的障害者ではなく芸術家」。
一昨日の日経新聞同様、筆者は東大の松井彰彦教授です。
インカーブの特集記事を書いてくださっています。

松井さんの共著『障害を問い直す』(東洋経済新聞社)にも勇気と希望をいただきました。

20140410asahiS

http://incurve.jp/archives/shin_140410asahi.html

「あんた達(アトリエインカーブ)は自分たち(私を含めスタッフ)の
好きな事(アートやデザインをすること)がしたいから障がい者を利用してるだけや!
知的障がい者が相手やから出来るだけやがな!アートやデザインでお金儲けができるなんて、
そんな夢のような話しがあるわけないやろ!!」
10年近く前、講演会で登壇した私に客席から浴びせられた言葉です。
それも一人ではなく二人、三人と声があがりました。
後で聞いたら声を上げたみなさんはすべて福祉関係者。
言葉でもわかるようにすべて僕と同じ地元・大阪の方でした。

一番、気持ちをえぐられたのは「知的障がいが相手やから出来るだけやがな!」でした。
全身のチカラがふっと無くなるような感覚を覚えました。
逆をかえせば「知的障がい者」を利用してきた歴史がこの福祉業界にあるのだと理解ができました。
「そんな夢のような話し」も語る事ができない世界が障がい者福祉だと感じたことを覚えています。
今でもこのような批判は「一部」の「福祉関係者」から出ていると聞きます。
特に外部(デザイナーや俳優さんや)が福祉業界に目を向け、
支援の和を広げようとすると批判が生まれるようです。とてもとても残念なことですね。

一昨日の日経新聞に「障がい学×経済学」を研究されている東大の松井彰彦教授が
4つほどの団体と一緒にインカーブをフューチャーしてくださいました。
以前から松井さんの考え方に興味を覚えていました。
たまたまご縁が繋がりインカーブが出展しているアートフェアでお目にかかることができました。

「今、福祉に必要なのは経済原理であり、市場に必要なのは道徳原則である」
「福祉の市場化は道徳原理を市場原理に置きかえる事ではない。
道徳原理と市場原理を融合させるものでなくてはならない」

「一部」の「福祉関係者」からは松井さんへの批判もあると思います。
でも、潰さないでいださい。
少なくとも私は彼の著書や研究論文で勇気をもらい、リフレッシュしました。

20140408nikkeiS

http://incurve.jp/archives/shin_140408nikkei.html

次のページページのトップ