ラグビーワールドカップ2019のオープニングゲームにいってきます!!
はじめてラグビーを見たのは
平尾さん&大八木さんが率いた伏見工業高校でのこと。
花園で応援したのはサントリー。
世界の凄み感じたのはデイヴィッド・キャンピージの華麗なステップでした。
血が吹き出しそうになったのは2015日本対南アフリカ戦。
世界のぶつかり合いを目の前でみてみたい。
その時が、ようやく、やってきました!みるぞ!!

「リカミック」で盆踊り

知らない人が集まって、いい距離感があって、みんなニヤケてて。
そんな場所が盆踊り。今夏、はじめて行ってきました。
京都造形芸術大学の学生が、バブリーダンスの女優・伊原六花さんと
大丸京都店と開発した、健康になれる盆踊りダンス「リカミック」。
昨年9月より、情報デザイン学科・福井崇人客員教授の指導のもと
学生たちが企画開発。
超高齢化社会を迎えた日本が抱える「いかに健康寿命を延ばしていくのか」という課題を、
芸術大学生ならではの視点とスキルで解決しようとするものです。
福井さんとは「ソーシャルデザイン」について学びあう心強い友人。
大丸京都店は私が小学生のころから通う懐かしさたっぷりの百貨店。
屋上の巨大な排気筒は変わらずザ・昭和してました。
「リカミック」で盆踊り↓
https://www.youtube.com/watch?v=h1mQuZGqXtc&app=desktop

土の人、誕生日おめでと

インカーブ最年少スタッフ(と、いっても31歳)・
東くんの誕生日会をしました。
スタッフの経験が上がれば、それなりに年齢もあがります。
固定されたスタッフは「土の人」です。
どっかり腰を据えて仕事をしていく。
でも土の人だけでは風通しが悪くなる。
そこで、外の風を運んでくれる「風の人」が必要なのです。
インカーブで言えば「おなじ釜飯プロジェクト」の
インターン生や外部スタッフの面々がそう。
一方で、風の人が思いっきり暴れられる環境をつくるのが
「土の人」のお役目です。
責任も、しんどさも背負っています。
土の人・最年少・東くん、誕生日おめでと。

インカーブのアーティスト・新木友行さんが
東京2020オリンピック・パラリンピック公式アートポスターのアーティストにチョイスされました!!
インカーブが消え、忘れさられて、アーティストが個々にアトリエをもって生きていく。
スタッフは彼らに雇ってもらって、アホなことを言って、笑って、1日が過ぎていく。
インカーブを作った17年前からの私の夢でした。
新木友行さんがそのとば口に立ちました。
ただいま、ポスターの原画となる作品を製作中です。
9月14日(土)は「ギャラリーインカーブ|京都」で新木さんの個展。
候補となった作品も展示予定です。
http://g-incurve.jp/news.html
また東京でも展覧会が企画されると思います。ぜひ、お時間があえば見に来てくださいね。
ちなみに、パラリンピックをテーマとする作品の制作者は、新木友行さんをはじめ、荒木飛呂彦さん、
柿沼康二さん、GOO CHOKI PARさん、野老朝雄さん、蜷川実花さん、森千裕さん、山口晃さん。
一方、オリンピックをテーマとする作品の制作者は、浦沢直樹さん、
大竹伸朗さん、大原大次郎さん、金澤翔子さん、鴻池朋子さん、佐藤卓さん、野老朝雄さん、
ホンマタカシさん、テセウス・チャンさん、ヴィヴィアン・サッセンさん、フィリップ・ワイズベッカーさんです。
個人的には昔からファンだったワイズベッカーさんの2020ポスターがみてみたいな。できれば原画も。
そして新木作品の感想を聞いてみたい。
世界の19人のポスターで「文化のオリンピック・パラリンピック」に注目が集まることを心から期待しています。
スポーツと文化は両輪ですから。
https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20190801-01.html

昨日はインカーブの[おなじ釜の飯プロジェクト](有償インターン)の
第9期・清水啓一さんの最終日でした。
はじめて、私より先輩のインターン生をおむかえしました。
清水さんは、創作活動をしている福祉施設でたくさんの経験を積んでこられた大ベテラン。
インカーブがどのように映ったのか興味津々です。
http://incurve.jp/kamameshi.html

前のページページのトップ