ぶっつけ本番は面白い

ひとりで話すより、ふたりでお話したほうがだんぜん面白い。
一昨日、金沢で秋元雄史さん(東京藝術大学美術館館長/教授)と
トークセッションをさせていただきました。
テーマは「ユニバーサルデザインのミクロとマクロ」だったのですが、
ダダやシュールレアリスム、草間彌生から寺尾勝広(インカーブ所属のアーティスト)、
そして無意識のバイアス。
最後は障がい者の方々の表現芸術に絡む「専門職の不足」論まで。
お客様はデザイナー、建築家、教員、ドクター、現場をもつ福祉施設の代表やスタッフなど。
この業界に接続する熱心な方々でした。
結局、持ち時間の1時間をオーバーし、ご質問をいただく時間に割り込んでしまいました。
すみませんでした。
古典落語のようなひとり話しより、
ふたりでお話させていただけると気分も頭の中もエンジンがかかります。
特にぶっつけ本番は面白い。
現代美術をご専門にされている秋元さんの言葉は、
「今」のわたしが必要としていることばかり。
「領域を拡大している現代美術」に「加わる」意味を再考した一夜でした。
デザイナーは「差別化」する力をもっていて、
ゆえに「非差別化」する力ももっているはず。
そんな持論に照らせば、やるべきことはまだまだ山積みです。
特に子供達の心に差別の壁が立ち上がる前になんとかしなくては!!
今年初の講演会&トークセッションは気持ちのいい滑り出しでした。
みなさまに感謝です、ありがとうございました。

ps.トークセッションで最前列に座っておられたのはティー・ワイ・オーの
PRESIDENT / DIRECTOR・早川和良さんでした。
サッポロビール、日本郵政、富士通。
記憶に残るCMをたくさんディレクションされています。
インカーブのアーティストは話す距離が近いというわたしの話を引きながら
「障がいのある方々には壁がないんだ」という感想をくださいました。
つばきがかかるくらい近づいて話すインカーブのアーティストたち。
そう、壁をつくっているのはわたしたち。
彼らには、はじめっから壁がない。
つばきがかかるぐらいの関係って幸せじゃないですか?
これがソーシャルな幸せ(福祉)です。

 ティー・ワイ・オー

阪野さんの指摘

一昨日、拙著『社会を希望で満たす働きかた―ソーシャルデザインという仕事―』
(朝日新聞出版、2018年10月)の読後感のお知らせをいただいた。
読後感が記されたサイトにたどり着き全文を読んだ。身震いがした。
「それらは筆者(阪野)に、糸賀一雄の『福祉の思想』(日本放送出版協会、1968年2月)
を学生時代に読んだときの感動をよみがえらせる」。
阪野貢さんは市民福祉教育研究所 主宰者で文教大学生活科学研究所 客員研究員など
「ふくし教育」のオーソリティーである。
また阪野さんはこうも書いてくださっている。
「福祉教育実践や研究において、筆者が注目あるいは留意したい論点や
言説のいくつかをメモっておくことにする(抜き書きと要約。見出しは筆者)。
それは、[1]は「目から鱗(うろこ)」の、福祉教育論の「作品」「テクスト」
でもあると評するからである」
([1]は『社会を希望で満たす働きかた』のことを指す)。
阪野さんとは面識がない。
でも、すでに往復書簡(メール)を二度もさせていただき、
福祉の哲学は「『呻き』への応答として深い思索を生み出す努力」とする
阿部士郎さんの言葉も再考できた。
「そもそもなんの為にこんな仕事をしてるんだ?」に
思いを馳せることができた一昨日、昨日、今日である。
ご縁をつないでくれた『本』に感謝したい。
https://sakanolab.wordpress.com/category/%E9%9B%91%E6%84%9F/

みなさま、今日の夕方に届いた鮮度ある情報です。
障がいのある方々の作品制作や発表などをサポートしている団体、
個人に届きますように。シェアしていただけると幸いです。
文化庁は「平成31(2019)年度障害者による
文化芸術活動推進事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)」
の公募を開始しました。
「共生社会実現のため,障害者による文化芸術活動や
社会包摂に資する活動を拡充し,障害者等の文化芸術活動への参加」
という間口の広いプランニングが可能です。
課題は3つ。
(A)共生社会の実現に向けた文化芸術プロジェク
(B)障害者等による文化芸術活動推進プロジェクト
(C)障害者等への配慮を促進するためのプロジェクト。
課題も間口が広い。
つまりたくさんの方々に参加が可能だということです。
対象の団体は「(i)地方公共団体(ii)芸術文化活動の知見を有する団体で,
下記(1)から(4)の要件を全て満たす法人格を有する団体,
又は地方公共団体もしくは前記法人格を持つ団体を中核とする実行委員会。
(1)定款,寄附行為又はこれらに類する規約等を有すること
(2)団体等の意思を決定し,執行する組織が確立されていること
(3)自ら経理し,監査する等会計組織を有すること
(4)団体等の活動の本拠としての事務所を有すること」。
団体の間口も広めです。
チャンスはおおいにあるのではないでしょうか。
提出期限は2月20日(水)(必着)。
詳しくは、こちらまで。
http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/1413115.html

私見を一つ。
オリパラに向かって様々な公的な事業が立ち上がり、
資金が潤沢に流れ込んでいます。
が…くれぐれも注意して欲しいのです。
特に障がいのあるアーティストが入所する、通所する施設の方々へ。
国内外の作品展も大切です、コンサートもしかり。
でも一番大切なのは彼ら・彼女らの日常です。
それが犯さられるようなら手を出さないほうがいい。
日常が乱れれば本末転倒です。
プロジェクトに参加しない勇気を持ってくださいね
(やる気を削ぐようなお話ですみません)。
一方で厚生労働省ではなく文化庁がこのような大規模の事業を起こし、
継続していることは評価してあげて欲しいと思います。
いつもお話をするようにこの分野は厚労省と文化庁は車の両輪です。
文化庁のみなさんの頑張りに拍手!

2月3日(日)、金沢で「ユニバーサルデザインのミクロとマクロ」と題した
トークイベントに東京藝術大学大学美術館長・教授の秋元雄史氏と登壇させていただきます。
政府は2020年オリパラにむけ「ユニバーサルデザイン2020」を起動させました。
その分野は大きく「心のバリアフリー=ソフト」と「街のバリアフリー=ハード」です。
今回は「子どもたちの心のバリアフリー」に注目したいと思います。
差別というバリアの息の根をとめることは難問中の難問です。
ブッダは2500年前からそのバリアの破壊を試みましたが、
いまだにカーストは存在しています(法律では禁止されても観念は消えません)。
この国でも「露骨なバリア」は高くなるばかり。
少しでも崩したい‥でも、どうすればいいのでしょう?
そのヒントを子どもたちからもらえないか?
そんな手前勝手なことを考えています。

第一部は今中による「基調講演」
(といっても30分程度でインカーブの概要をかいつまんでお話します)。
そして第二部ではメインの東京藝術大学大学美術館長・教授の秋元雄史氏との「対談」です。
ユニーバーサルデザインを切り口に、アート・子ども・福祉などなど様々なお話させていただく予定です。
しばれる金沢ですが、寒さには強いよ!って方はぜひお越しください!
定員が40名だそうです。
お早めに予約をしていただいたほうがいいような。

【日時】 2019年2月3日(日)14:00 – 16:00
【会場】 ITビジネスプラザ武蔵(金沢市武蔵町14-31)
【定員】 40名(要申込・先着順)
【参加費】無料
【講演のお申込み方法】
必要事項をご明記の上、メールまたはFAXにてお申しください。
(1)氏名
(2)電話番号
(3)メールアドレス
(4)所属団体

E-mail:udi@uraken.co.jp
FAX :076-223-1251

*定員(40名・先着順)に達した場合は、
申込受付を終了させていただきます。
『UDiトークイベント「UDのミクロとマクロ」
http://ud-ishikawa.com/event/?tid=100047
Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/366015394185594/

【お問い合わせ先】
一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ
(株)浦建築研究所内 担当:万波(080-3317-5938)

水にも太陽にも依存している

2月8日(金)堺市で「依存」について講演をさせていただきます。
ご近所の方は是非ぜひお越しください。
今回の講演は一人の男性(久世恭詩くん)とのご縁がきっかけです。
彼と初めて出会ったのは彼が20歳前でした。
如何ともしがたい依存を抱え、もがいていました。
月日は10年ほど流れインカーブの
「おじ釜の飯プロジェクト(インターンシップ)」の第一号で参加。
いまではインカーブの業務を外から支えてくれるタフガイになりました。
一人で自立することなんて誰にも出来ません。
健常者も障がい者も無理です。
だって毎日、社会的なインフラ(鉄道や道路)に依存しているじゃないですが。
水にも太陽にも。
細い糸を束ねて、依存して、私たちは生きています。
依存する対象がたくさんあるのが健常者です。
一方で障がい者は依存する対象が限られています。
当事者の方、地域の方、そして規範をつくる政治家、行政の方々。
彼の思いを直接聞いてやっていただければ嬉しいです。
彼が精魂込めてつくった
グループホーム『ひまわり』(依存症を抱えている方を対象)を
ぜひ応援してやってください。
申し込みは添付した用紙をご覧くださいませ。

前のページページのトップ