「HERO`S」という働き方

みなさんに知っていただけると嬉しい!ありがたい!
今日は社会福祉法人で働く「ヒト」についてのお話です。
ところで1/20,000って何の数字かわかりますか?
分子はインカーブ。
分母は全国の社会福祉法人の数(2017年度福祉行政報告例では20,798法人)です。
そこで働いているヒト(スタッフや運営者を含む)は約870,000人。
利用されているヒトは2960,000万人。
働く彼ら/彼女らの仕事を平たくいうと「生活の困りごとをなんとかすること」
(だと私は解釈しています)です。
知恵をしぼって「なんとかできること」を「なんとかしよう!」。
それが社会福祉法人のミッションです。
「生活に困りごとを持ってないヒトなんているの?」そんな声が聞こえそうですね。
そう、生活に困りごとを持ってないヒトはいません。
1億2650万人、みんななんだかんだで困っているのです。
そんなヒトと困りごとを守備する社会福祉法人の仕事はひろくて深い。
そんな難しい仕事のクオリティは働くヒト約870,000人の質に依拠しています。
なんせ社会福祉は「ヒトとヒトの間」の出来事なのですから。
すこし横道にそれますが福祉と社会福祉の違いをご存知ですか?
一番ヶ瀬康子氏の論を引けばこうなります。
「『福祉』をたんなる主観的な心情としてとらえるのではなく、
主体的に人間らしく幸福に生きる権利(日本国憲法第一三条)の
基盤、機会、条件であり、日常の暮しの中での必要への努力、
それが『福祉』であり、それに対して、社会的に生まれてきた対応が、
社会福祉とよばれてきたものである」と述べています。
平たくいうと普通ではない日常を「幸せに生きる」ために
「なんとかしょう!」というのが社会福祉です。
ね、いいお仕事でしょ。気持ちのあるお仕事でしょ。
私は年々、その深さと面白さに出会っています。
すみません、前置きがながくなりました。
今日、みなさんにご紹介したいのは
社会福祉法人で働く「HERO`S」と呼ばれるヒトたちです。
高齢者や児童、障がい者施設で「なんとかしょう!」って踏ん張っている
彼ら/彼女らの仕事に注目してほしいのです。
覚悟をもって働き出したはずなのにポキっと心が折れそうなヒトがいます。
社会福祉の専門職ってなんだろうって悩んでいるヒトもいます。
「なんとかしょう!」って思っているヒトを知ってほしい、
そして踏ん張っている者同士が繋がってほしい。
そうしたらポキっと心が折れないから。
誰かのために頑張らなきゃという気持ちはヒトを最強にします。
そんな「HERO`S」は社会福祉というところで働いています。

http://www.shafuku-heros.com/index.html
https://www.youtube.com/watch?v=5X8GuwTRqVA

これで今年は終わり

今年のインカーブ講演がすべて終了しました。
ありがとうございました。
大学が数カ所、小学校が1箇所。
講演の大半はスタッフが行ってくれました。
特に今年は30代のスタッフが急成長。
というか下準備は20代の頃に済ませていたのでしょう。
いい塩梅の時期を迎えたようです。
先日の沖縄県立芸術大学に引き続き愛知県立芸術大学で
「障がいがあるひとの創作活動 –ソーシャルデザインの観点から」と
題しスタッフ片岡學がお話しさせていただきました。
愛知芸大では、美術学部の1年生(まだ10代の学生さん!)
にもご参加いただき「アート×福祉」のお話を。
今回の講演がすぐには役に立たなくても、
将来どこかで「障がいのある人」のことや
彼らの創作活動について考えるきっかけになれば、この上ない喜びです。
「アート×福祉」をデザインする人が
ひとりでも社会福祉の分野で働いてくれることを願っています。
精度の高い設計図書を作ってください。

場数こそ、チカラ!!

スタッフの片岡學が沖縄県立芸術大学で講演会を行いました。
一人で講演を仕切るのは人生初。
人に伝えることは難しい。
理解していただくことも難しい。
共感していただくことはもっと難しい。
沖縄の初マウンドのことはきっとずっと記憶に残るはずです。

ところで今回のプロジェクトは東京藝術大学と
金沢美術工芸大学の連携事業「文化庁 平成30年度 次代の文化を創造する
新進芸術家育成事業」の一環として、
「障がいがあるひとの創作活動ーソーシャルデザインの観点からー」と題した講演でした。
絵画・工芸・デザイン・芸術学などさまざまな専攻から学生と教員の方々が参加され、
熱心にお話を聞いてくださいました。
質疑の時間には、アーティストのモチベーションの維持や作品販売の収益、
インカーブの有給インターンシップ制度「おなじ釜の飯プロジェクト」に
興味をもってくださる学生さんも多く、
ソーシャルデザインの取り組みに関心と期待が寄せられていることを実感したようです。
次回の片岡のマウンドは愛知芸大です。ばんがれ、片岡。
場数こそ、チカラ!!

「1000字でわかる市場の本質」

読売新聞(今日の朝刊・全国版)の「1000字でわかる市場の本質」で
松井彰彦さん(東京大学大学院経済学研究科)が
インカーブをピックアップしてくださっています。
すこし引いてみましょう。
「障害者アートというとそれだけで福祉の対象と決めつける人たちが少なからずいる。
それが逆に障害者が社会で活躍する機会を奪っている気がしないでもない。
『インカーブ』のアーティストたちの作品は市場で評価されるだけの力がある。
市場は弱肉強食のジャングルではなく、
『社会的弱者』と呼ばれる人々に力を与える場である。」
だれかが決めた基準や標準は傍流を生み出します。
傍流に身を置くものは意識してその流れや川の濁りに注意を向けたほうがいい。
いつのまにか自分が傍流にいることさえ忘れてしまうから。
社会福祉がもっとも苦手とする市場、見て見ぬ振りをしてきた市場は
「格差を生み出すが、同時に夢も与えてくれる」。
わたしも同感です。
必要なのは二段ロケットです。
基壇には行政支援を、上段を民間支援。
それが社会福祉が市場に向かう時の装備です。
http://incurve.jp/archives/shin_181119yomiuri.html
http://incurve.jp/181119yomiuri.html

『こころの処方箋』

今日のランチタイムで「輪読会」をしました。
数人で河合隼雄さんの『こころの処方箋』(新潮社、1998年)を読んでいます。
一人でひとつの項を担当し、概要をまとめ、自分に引き寄せて感想を述べ、
みんなで意地悪じゃないツッコミを入れていきます。
「人は読書によって知識が豊富なり、
会話を交わすことによって能弁になり、書くことによって正確になる」と
フランシス・ベーコンが言っていたような。
輪読会で「会話」を交わすほど相手と自分の微細な違いが見えてきます。
理解しえずとも共に居られる場所は少し広がる。
風が通るスペースを新たに見つけた60分でした。今日はここまで。

前のページページのトップ