遅ればせながら、
ギャラリー インカーブ|京都の公式インスタグラムを開設いたしました。
ぜひフォローをよろしくお願いします!!
https://www.instagram.com/gallery_incurve
これまでイベント情報などをお届けしてきたFacebookや
制作風景をお届けするアトリエ インカーブのインスタグラムとは
一味違った「作品・展覧会に特化した情報」をお楽しみいただけます。
また、掲載されている作品の多くは、ご購入いただくことができます。
購入を希望される方は、
インスタグラムのダイレクトメッセージからお問い合わせください!

ムカイカゼ、オイカゼ

友達の友達が素敵な曲をつくっています。
ムカイカゼ、オイカゼ、未来は明るくて、捨てたもんじゃなくて。
コロナで見つかったとても大きな宝物は、
「近くにいてくれる大切な人達を再認識できた事への感謝」です。
https://www.youtube.com/watch?v=rviLAcKHlMY&feature=youtu.be
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0db9270e70d348dc6c342f974ad0212a526291a

左海の誕生日!

インカーブ年初の誕生日会はいつも左海。
今年もいつものメンバーで集まれたので、よい、よい。
ケーキを食べて、ミィーティングして、
アホな話して笑って、今日もお仕舞いです。

文字、記号、印?

A.B.C.D.E.F……。制作中です。

NY・グッゲンハイム美術館の1936年〜2006年までに
開催された展覧会カタログ205冊が公開されています、ぜひぜひ。
私ごと。
初めてグッゲンハイムに行ったのは(確か)
ブルース・ウィルスの「ダイ・ハード1」を見た直後で、
2回目に行ったのは(確か)デニーロの「恋に落ちて」を見た直後で、
3回目に行ったのは(確か)インカーブを立ち上げたころで、
4回目に行ったのは……確か?
行った回数はボヤッとしてますが
フランク・ロイド・ライトがデザインした
スロープをのぼる体感は覚えています。
私にとっては急勾配すぎて、てっぺんにいくころにはフラフラ。
それでも、彼の建築に包まれているだけで幸せだったのです。
https://archive.org/details/guggenheimmuseum

前のページページのトップ