アトリエ インカーブは「新しいアーティスト」を募集します!!

アトリエ インカーブ は、知的・発達障がいのあるひとたちがアーティストとして活動する生活介護事業所です。社会福祉法人 素王会のアートスタジオ兼事業本部として2002年に設立。約18年にわたり、「日常生活」と「アート」の両面からサポートしてきました。3階建ての明るく広々としたアトリエでは、アーティストたちがそれぞれのペースで好きな画材を使って創作活動をおこない、お昼には手づくりのあたたかい食事を囲んで穏やかな時間を過ごします。私たちは、生活の困りごとに寄り添いながら、心の向くままにものづくりに打ち込める環境をつくっています。2010年には作品発表の場として「ギャラリー インカーブ|京都」を開廊。国内外の美術館やアートフェアへ出展を重ねてきました。アーティストのなかには、ニューヨークやロンドンなど世界を舞台に活躍するひともいれば、作品の発表や販売を望まずひたすら描くひともいます。私たちは、ひとりひとりの「描きたい」「つくりたい」気持ちを大切にしてきました。
この度、アトリエ インカーブは新しいアーティストを募集します。お気軽にお問合わせください。
*チラシのダウンロードはこちら(PDF:2.4MB)

活動内容

アトリエ インカーブはアート活動に特化した通所型の生活介護事業所です。毎日、アーティストがそれぞれのペースで創作活動をおこなっています。個別の創作活動以外にも、版画や書道など自由参加のプログラムがあります。


◉月〜土曜日(土曜不定休)10:00 〜15:00(お昼ごはん 12:30 〜13:30)


創作活動

絵画・立体など

月〜金曜

机いっぱいに画用紙を広げたり、キャンバスを立て掛けたり。絵具・色鉛筆・マーカー・クレヨン・粘土など、さまざまな画材(*)を使って創作に向かいます。

プログラム

(自由参加)

版画

水曜

エッチング・木版画・モノプリント・リノカットなど多様な版画があります。彫る、色をのせる、プレスする、一つひとつの工程を楽しむことができます。

テキスタイル

木曜

刺繍やビーズ・フエルトなどを用いて、平面・立体物を制作します。羊毛フエルトを石鹸水で揉み込んで成形したり、針や糸を使ってさまざまな作品を作ります。

書道

金曜

墨と和紙だけでなく、画用紙に色鉛筆やペンを用いたり、さまざまなサイズの紙に文字や絵を描いたり。枠にとらわれないそれぞれの「書道」に取り組みます。

レクリエーション

土曜

制作の合間のリフレッシュとして、スポーツセンターに出かけて体を動かしたり、クッキングでお昼ご飯を作ったりします。

※ 画材は一定量をアトリエ インカーブから支給させていただきます


スタッフ


福祉とアートの専門スタッフが
アーティストの創作環境を整えます。

福祉の国会資格「社会福祉士」とアートの専門資格「学芸員資格」の両方を有するスタッフが、日常生活と創作のサポートします。創作に対する教育や指導はおこないません。ご本人の体調や精神面に配慮し、心穏やかに創作できる環境を整えます。

募集アーティスト(利用者)


募集人数

若干名


対象者

○18歳以上の知的障がい・発達障がいの方(療育手帳をお持ちでない方でもご利用いただけます)
○絵を描いたり、ものづくりが好きな方
*18歳未満で卒業後の進路としてお考えの方は個別でご相談ください


ご利用までの流れ

1. 面談(随時)
ご本人とご家族(または支援者の方)で当事業所までお越しいただき、日常生活や創作活動などについておうかがいします。
最近の作品やご自宅で描いている絵などを数点ご持参ください。
なお面談日時はお問合せの際に調整させていただきます。

2. 研修(1週間程度)
上記の【活動内容】に添って、創作活動をおこなっていただきます。
研修期間は1週間程度の予定ですが、数日延長していただく場合がございます。
具体的な日程は、後日お知らせいたします。

3. 研修結果
活動の特性上、ご利用をお断りする場合がございます。

4. ご利用契約の締結・ご利用開始
受給者証の発行・ご利用契約締結後、ご利用の開始となります。
*高校3年生の方は卒業後の利用開始となります。


Q&A


アトリエ インカーブは就労施設ですか?

 

A. 通所型の生活介護事業所です(定員20名)。
次に該当する方がご利用対象です。
○年齢:18歳以上
○障害支援区分:3以上(50歳以上の場合は、障害支援区分2以上)
療育手帳をお持ちでない方でもご利用いただけます。

   

どのような美術教育をおこなっているのですか?

A. 教育や指導はおこなわず、自由な創作をサポートします。
アーティストの創造性がそのままであり続けるために、創作に対する教育や指導はおこなっていません。
スタッフは、ひとりひとりの希望に寄り添い、画材を自由に使って創作を楽しめる環境づくりにつとめています。

   

お弁当の用意は必要ですか?

A. 必要ありません。調理士による手づくりのお昼ごはんを毎日ご提供いたします。
施設内のキッチンで調理士が作った、できたてのあたたかい食事をお楽しみいただけます。
栄養士の監修による栄養バランスのとれた献立をご提供しています。(別途食費が必要です)

   

送迎はありますか?

A. 送迎サービスはおこなっていません。
公共交通機関や自家用車等による通所をお願いしております。
アクセス方法は、交通アクセスをご確認ください。



まずは、お気軽にお問合せください!
*チラシのダウンロードはこちら(PDF:2.1MB)

TEL  06 - 6707 - 0165

MAIL info@incurve.jp

社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブ
547-0023 大阪市平野区瓜破南1-1-18
担当:左海・片岡




【 法人概要 】

お問合せ

社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブ

〒 547-0023 大阪市平野区瓜破南1-1-18
TEL  06-6707-0165
MAIL info@incurve.jp
WEB http://incurve.jp

受付時間

9:30 〜 17:00

休業日

日曜、祝日、お盆・年末年始
土曜は不定休

担当

左海・片岡



交通アクセス

google MAP 

グーグルマップでアトリエ インカーブの地図を表示します。

◉バス
地下鉄谷町線「喜連瓜破」駅2番出口を出て
大阪市バス「地下鉄喜連瓜破」より5系統「三宅中ゆき」乗車
(乗車時間約5分)「瓜破南」下車 徒歩15分

地下鉄御堂筋線「あびこ」駅 1番出口を出て
北港観光バス「 地下鉄あびこ駅」(ローソン前)より
「天美北二丁目ゆき」に乗車(乗車時間約20分)
「天美北二丁目(終点)」下車 徒歩2分

◉お車
阪神高速松原線「喜連瓜破」出口を出て
瓜破交差点を左折 1つ目の信号を右折 高野大橋を渡り
すぐの信号を右折 大和川堤防沿いを直進 トナミ運輸を左折
100m程進んだ 右側がアトリエ インカーブ

富田林方面より国道309号線を北上 阪神高速三宅入り口を越えて
(阪神高速には乗らずに)一番左側の側道に入る
大和川堤防に突き当たったら左折して直進 トナミ運輸を左折
100m程進んだ右側がアトリエ インカーブ

◉タクシー
地下鉄谷町線「喜連瓜破」駅2番出口からタクシーに乗車
(乗車時間 約10分 料金 基本料金+少々)