講演

愛知県立芸術大学
「文化庁 平成27年度 次代の文化を創造する
新進芸術家育成事業」講演会

2016年1月12日

東京藝術大学と金沢美術工芸大学の連携事業「文化庁 平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」の一環として、 愛知県立芸術大学にて今中博之理事長が「アール・ブリュットに抗う、わけ―社会福祉の観点から―」と題した講演を行いました。 アトリエ インカーブにおいて、知的障がいのあるアーティストの作品を現代アートとして発信している訳、アール・ブリュット等のカテゴリーが彼らにとって「スティグマ=烙印」となることなどをお話しさせていただきました。未来ある新進芸術家や学生を中心に、熱心に聞き入ってくださっていた様子が印象的でした。